角印は使用頻度が高い印鑑

銀行印イメージ

法人の印鑑として、会社を設立したりした場合に準備する代表者印や銀行印と、そして社印という印鑑は代表者印を登記登録する前までには用意をしておかないといけません。

社印は正方形をしているので『角印』とも呼ばれているのですが、この角印というのは会社、企業やその店舗などにおいてのいわゆる認印の役割を持っています。認印というからには、使用頻度が高い印鑑です。

社印(角印)はその会社が出す領収書や請求書などに対して押印されるものです。
この印鑑が押されたことで、「会社はこの領収書を出したことを確認しました」という意味を持ちます。

日本の印鑑のイメージだと、どうしても漢字で会社名が入っているというイメージがありますけど、個人事業主やお店の名前によってはカタカナ、ローマ字、アルファベットを用いている屋号などもありますよね。そういった名前の印鑑を作ることも可能なんだそうです。

印鑑でカタカナやアルファベットがうつし出されるというのはなんだか不思議な感じがしますけど、さらにその名前をバランスよく印鑑にするために、「~印」「~の印」という文字を入れて作ることになるんだそうです。

法人にとってこの社印というものは非常に重要なものです。この印鑑があることで、あまり他の人の目に晒せない代表者印や銀行印の代わりに、さまざまな場面で使用することになるのです。

ですから法人印を準備する際には、代表者印だけでなくこの社印(角印)も一緒に購入しておくことをオススメします。
個人でも法人でも、認印というのは本当に重要な意味をなしますね。

ページの先頭へ