丈夫なチタン印鑑

チタン印鑑イメージ

法人の印鑑の印材としては、黒水牛や象牙、アカネや柘などが非常に人気があり、昔から広く使われてきたものです。
これらはどれも丈夫で使いやすいと言われているものです。
長く使い続ける法人印ですから、もちろんいいものを使いたいですよね。

でも、最近若い企業家などに人気のある印材といえば『チタン』です。チタンは鋼鉄とほぼ同じ強度の金属です。
とにかく丈夫で書けることもなければ磨耗もしない。とにかくすばらしい耐久性で、品質もいいとされています。
こんなチタンの印鑑で法人印を作ろうと考える人が増えているのは、ただの流行だからではありません。

法人印のひとつである社印は特に使用頻度がとにかく多く、法人印の認印だなんていわれていますが、私たち個人の使う認印に比べたらさらに使用頻度は高いと思います。そのためこの社印を作る際に心配なのは、なんといっても印面。欠けてしまったり磨耗する可能性が高くなるものです。

そのため丈夫な印材を使うことでそういったトラブルから印鑑を守りたいと思うものです。
そう考えるとチタンで社印や代表者印などを作るということは、このようなトラブルにも負けないということです。
磨耗しないし欠けないということですから、印面のトラブルも避けられる上に彫られた会社名も永久的に残るというようにも考えられます。

それにちょっとの衝撃では印鑑自体も傷をつけたりするようなことがないと思いますし、見た目のもすばらしいですよ。
デザインの面でも優れているので、若い人に人気なのも頷けます。

ページの先頭へ