会社を設立するときに必要な印鑑

法人印イメージ

これから会社を興したい、独立したい、個人事業主になる、なんていうように考えている人はたくさんいます。
自分の会社を設立するというのは本当に大変なことで、それはすごいことなんですよね。
なによりもお金がかかります。昔は会社設立には資本金1000千万円が必要でしたが、現在は1円の資本金でも会社を設立することができるようになりました。

でも、この資本金にお金がかからなくても、そのほかの部分にお金がかかるんですよね。
自分で会社の設立というものを行った場合、定款収入印紙や認証手数料、謄本手数料など、細かい部分での出費が大きいのです。

そしてこのほかにもお金がかかってしまうのが法人印の購入に関する費用です。
法人印も、たとえばセットで代表者印、銀行印、社印(角印と呼ばれるもの)を購入した場合ある程度格安にはなるものの、それでもその印鑑購入にはピンキリでお金がかかってしまうのです。

会社で使う印鑑というものはある程度きちんとしたものを購入したいですよね。
もちろん購入することができるのでしたら高い印鑑を買ってもいいと思いますが、やはり印鑑にかかってしまうお金は自分の身の丈に合った金額を出すことが一番いいと思います。

会社を設立するということには、今述べたようにお金がかかります。
本当ならできるだけ出費を抑えておきたいところです。

角印や代表者印、銀行印というものはずっと使い続けるものですから、長く使い続けられるいい印材でできた印鑑を選びたいところですね。
もちろんお財布と相談しながらですけれど。

ページの先頭へ