角印は目印代わり

角印イメージ

会社を経営する人や個人事業主など、法人印を持って使っていると思いますが、この法人印の中でも社印(角印)というものは、私たちが一般的に使う印鑑の認印と同じような役割を担っています。
社印(角印)というのは、四角い印面の中に会社名や個人事業主の屋号が入っていたりするものです。

請求書、領収書、契約書などに対して使われるものです。
この印鑑はさっき言ったように認印の役割と同じようなものであって、法人印の中でも一番使われる印鑑であるともいえると思います。
この印鑑は実印などとは違って役所などへの登録はありません。

でも、この社印(角印)というのは官公印、官公職印などにも使われます。それには定められた印鑑の規格があるそうです。
官職印では、部長は30ミリ角、課長は23ミリ角です。

公職印では部長は23ミリ角、課長は21ミリ角ということになっています。
一般の法人印としては大きさの規定というものはないのですが、21ミリ角や24ミリ角というこの2つの大きさが一般的なんだそうですよ。

社印は認印だなんていう言い方をされていますが、実は法人の信用度というものが非常に重要視されているんだそうです。 社印は領収書に押す印鑑、それだけではなく、実は司法書士、行政書士といった士業の印鑑、その職印といわれるものも角印なんだそうです。

ちなみに、本に押す『蔵書印』など、本などにその所有者が誰なのかがわかるしるしになるものも角印で作られるんですよ。 社印(角印)にはたくさんの役割があるんですね。法人の社印とともにおもしろい役割です。

~ Hot Topic│厳選WEBサイト ~

<比べてわかる>激安印刷チラシ

印刷チラシなら激安日本一の総合サイトにお任せ下さい!
基本サイズのB4コート紙から、折込チラシやフライヤーとして身近なA判印刷まで幅広いサイズと実績のある専門スタッフによるデザインであなたのコストをダウンします。

詳しくはこちらからご覧ください。

ページの先頭へ